地下室氷河期委員会

ピエロ

作詞/あべりょう 作曲/あべりょう

<歌詞>
誰にもどうにもならないことを みんなが僕に押しつける
期待の拍手と勘違いして飛び出す 僕ひとりぼっち

みんなが嫌がる空中ブランコへ
僕の背中はたくさんの手で無理矢理押された

だいじょうぶ だいじょうぶ 僕はピエロだよ
怖くても 怖くても 僕は笑うんだ
涙がこぼれて 鼻水にじんで もっとピエロ
僕の顔 僕の顔 みんなが笑うから

ひとりの寒さを暖めるため 森まで燃やしてしまう
ハリネズミが寄りそい合いながら 互いに不安を尖らせる

耳が破れたぬいぐるみを抱いて 
求め疲れた心を休め 僕で笑って

がんばれば がんばるほど 僕はピエロだよ
それでも それでも 僕は笑うんだ
はずかしくて はずかしくて もっとピエロ
僕の夢 僕の夢 みんなが笑うから

僕の玉乗りはどうですか たくさん練習したんだよ
みんなに褒めてもらうため たくさん練習したんだよ
でも僕が転ばないと みんなが笑えないよね

がんばれば がんばるほど 僕はピエロだよ 
それでも それでも 僕は笑うんだ
はずかしくて はずかしくて もっとピエロ
僕の夢 僕の夢 みんなが笑うから みんなが笑うから



iTunesにて配信中