地下室氷河期委員会

右を向け

作詞/あべりょう 作曲/あべりょう

<歌詞>
技術がない 知恵がない 容姿がない 就職がない
やりがいを奪い合う 求職者の居場所なき恐怖
人間が余り出す 権利は希薄し 救済も無い
司法貴族は 左翼化し 正義を独占し 独りよがる

不要な業種と非効率 機械と低賃金に淘汰され
行き場を失った人間の恥辱が小競り合う

群衆が左右に揺れて人間が並ぶ 思い知れ 飽食と甘えの果てを
あいつが右を向けと叫んだら 正面を向いたままでいられるかい

仕事がない 飯がない 住処もない 人格もない
一切れのパン奪い合う 失業者達の行列が続く
資本家は恐れてる 労働者達の怒りの報復を
メディア貴族は 煽り立て 火の粉を浴び青ざめる

物質と石油で埋め立てた 大地が流動し 沈み込む
なりふり構わない人間の マグマが吹き上がる

群衆が左右に揺れて人間が並ぶ 泣きわめけ 民族の敗北を
あいつが右を向けと叫んだら 正面を向いたままでいられるかい

群衆が左右に揺れて人間が並ぶ 一切れの仕事を巡る 睨み合いの果てに
あいつが金を取れと叫んだら その手を伸ばさずにいられるかい

群衆が左右に揺れて理性が揺らぐ 人間とケモノの見分けもつかず
あいつが右を向けと叫んだら 正面を向いたままでいられるかい



iTunesにて配信中

右を向け(Instrumental) 配信中