地下室氷河期委員会

メタンハイドレート

作詞/あべりょう 作曲/あべりょう

<歌詞>
カスピ海底油田 バクーの港町 アゼルバイジャンの泣ける猥談さ
石油が出る街 働く奴はいない 働かざる者の恋の話さ

年頃の娘が火遊びを知った頃 石油タンカーが通り過ぎ
油田火災で恋が燃え上がり 信じた水夫に恋の冷や水さ

メタンハイドレート 浮遊 浮遊
メタンハイドレート 浮遊 浮遊

トラブル続きのトラブゾン市場 パイプラインの行き先次第 話半分の儲け半分さ
長寿で有名な村にパイプライン 働く奴はいない 働かざる者の夢の話さ

ペーパーカンパニーで指先を切った頃 南北の磁場が逆になり
黒点もハイテンションで アルメニアンレディは白を切る

メタンハイドレート 浮遊 浮遊
メタンハイドレート 浮遊 浮遊

メタンハイドレート 浮遊 浮遊
メタンハイドレート 浮遊 浮遊



iTunesにて配信中