地下室氷河期委員会

飛行機の中で生まれて

作詞/あべりょう 作曲/あべりょう

<歌詞>
飛び続けなければ僕も経済もダメって
地上を離れた飛行機の中で生まれて
翼を夢見る前から機械で飛べて
夢見る暇など無いのに「とにかく夢」って

曲芸飛行で空を 飛び回る戦闘機
天高く伸びる白い塔を 僕は夢見てたのさ


攻めるの止めるなら「せえの」で同時がいいって
守るのも降りるのも「せえの」で同時がいいって
飛び続けながらも休める奇跡の場所へ
逃げてゆく僕を許さない世界のルール

飛行禁止の空へ 追いすがる戦闘機
疲れた翼を打ち抜かれても 僕は向かったのさ


飛行機の窓の分だけ空を切り取って
世界を制する海も太陽も知らず
地上に降りたらまずは何から始めよう
両足で大地を感じることから始めよう

飛行禁止の空を 引き返す戦闘機
僕は散ってゆくこの空へ 飛ばない自由に抱かれ

飛ばなくてもいい空に 飛行機雲が流れ
丘に寝転がる僕の頬を 一筋の風が撫でた

一筋の風が撫でた



あべりょう 5th Album「東京太陽系SHOW」
iTunes/全国CDショップにて発売中