地下室氷河期委員会

月面

作詞/あべりょう 作曲/あべりょう

<歌詞>
白い筒で 夜空をなぞっていたら
月の明かりに溶けてった 母の守りから抜け出して

月の裏の山肌 突き刺さってた
ノアの箱舟 静かに
雪の底に沈む サルベージ

足の裏の凸凹で 惑星と話をしてる 
フットモールス信号が
宇宙に漏れ カミオカンデの網を揺らす

えぞふくろう ホロホロ 眼を凝らしてる
月の管制を頼りに 霧の海に翼広げた

夜の森で角を研ぐ 鹿のまじめに向かって
寿命を終えた大樹が 湿った土に膝をついた


iTunesにて配信中